総量規制という法律

不況になってから学生の方は卒業して正社員で就職出来る人も少なくなりバイトや派遣などで働かなくてはいけない人や正社員で働いていた人も給料やボーナスカットそしてリストラにあう人も多くでたのです。

 

リストラにあった人が、前いた会社以上の給料をもらえる人はほぼいなく歳で派遣やバイトで働かなくてはいけなくなり当然ボーナス目当てでローンを組んでいた人などは、借金返済に困る人も多くでたのです。

 

そして借金返済が苦しくて銀行強盗やコンビに強盗など犯罪を犯す人や自分の命を絶ってしまう人が多くでたのです。

 

そのような事が多く発生して社会問題になったので無理な融資が出来ないようにこの総量規制の法律が出来たのです。

 

消費者金融にこの総量規制が適用されたのですが適用されないケースもあります。

その適用されない条件は顧客に一方的に有利な場合この総量規制はてきようされないのです。

 

例として

個人事業を始めようとする開業資金や緊急を必要とする医療費やおまとめローンにも総量規制は適用されません。

 

おまとめローンとは、多くの消費者金融の借金をまとめルローンなのですが、金利が低く長期的な返済にすることにより毎月の返済額が少なくなり毎月の返済も1回になるので返済計画もでき楽になるので、顧客に一方的有利になるのでこの総量規制がかからないのです。

消費者金融と銀行金融の違い

このサイトでは、三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックの金利や審査契約に必要な者審査基準などわかりやすく説明していきます。

 

皆さんは消費者金融と銀行金融の違いはわかりますでしょうか?

最初に目的別にどちらがいいのかと違いをお伝えします。

 

消費者金融は、銀行金融よりも審査が甘く即日融資や消費者金融ごとに様々なサービスがありとても便利なのですが金利が銀行金融より高い傾向がある

 

逆に銀行金融は、審査が消費者金融よりも厳しく審査も時間がかかる傾向がある。

融資額は、消費者金融よりも多く融資出来るところが多い

 

消費者金融に2010年に年間所得3分の1以上融資ができない総量規制という法律が適用され今のところ銀行金融には、適用されていない

 

総量規制を詳しく説明すると、2010年この法律が出来る前は、消費者金融は何社でも申し込むことができカードも3枚とか5枚以上もっていて借金額も年間所得など関係なく多くの融資が出来たのです。

 

ですが不況になる前は、正社員で働いている人が多く毎年給料やボーナスも年々上がっていたので毎月の返済も余裕で返していけたのです。

 

ですが派遣制度が出来たあたりから不況になってきたのです。

消費者金融の過去と今

2010年に総量規制が消費者金融に適用されてから顧客が減ってしまったため金利を低くし30日無利息とかそれぞれの消費者金融のサービスも独自の便利なサービスも多く出てきました。

 

お申込み資格も前は、安定した収入のある方とは正社員の人が対象だったのですが、今は主婦や学生の方でもバイトなどで安定した収入のある方なら申し込み可能な消費者金融がでてきています。

 

そして前のように、融資を申し込むには、直接窓口に行かなければいけませんでしたが今はインターネットの見られるパソコンや携帯などで、24時間365日申し込み可能になって便利になっています。

 

ですが消費者金融には、悪徳消費者金融が数多く存在して身近な雑誌とかに広告を出しており金利が安いだけで手を出すと大変なことにもなりますし今では、パソコンや携帯などのEメールにも架空請求や逆に5000万振り込みますとか甘い言葉で騙されて連絡を取ると大変な事になります。

 

このように金利も安くなり審査基準も下がってサービスも良くなっている反面気をつけないと悪徳消費者金融の罠に引っかからないように気をつけないといけない時代になりました。

 

消費者金融は、TVなどで、芸能人さんを使っている大手の消費者金融を利用すればまず騙されることは、ありません。

バンクイックお申込み方法

今回の記事からバンクイックを紹介します。

バンクイックは、三菱東京UFJ銀行のローンとなります。

 

金利は、年率4.6%~14.6% 融資額は、最高500万迄となります。

 

三菱東京UFJ銀行のサイトから24時間365日お申込みが出来ます

そして簡単な項目を入力するだけで、融資可能かわかるお試し診断もありますのでお気軽に試されるといいと思います。

 

インターネットないときには、休みの日に窓口に行き遠ければ交通費もかかりそして審査するときは、後日連絡か待たなければいけなくてあげくに審査にとおらなかった時は時間と交通費のお金とかなくなったことが今ではないので便利になりましたね

 

バンクイックは、銀行金融系のカードローンなのですが通常銀行金融のローンの場合その銀行の口座を作るのが条件というのが多いのですがバンクイックでは、三菱東京UFJ銀行の口座は、作らなくても申し込みが出来ます。

 

インターネットから24時間365日バンクイックサイトから申し込みボタンを押して必要な項目を入力して送信すると三菱東京UFJ銀行の営業時間なら速やかに審査が始まります。

 

バンクイックサイトの審査はどこを見ているかを簡単に伝えます。

まずは、過去に返済遅れや債務整理や破産宣告など受けた人は、ブラックと言われています。

バンクイック審査基準

ブラックになった人は、CRINという個人情報機関にブラックリストとして載せてあり金融会社は、このCRINを回覧出来るので、いくら申し込みの時に嘘をついてもすぐわかってしまい審査は絶対に通りません。

 

このCRINから情報が消えるのは、7年~10年と言われています。

このCRINから消えない限り貸してくれるところは、99%ないといえ残りの1%は、ヤミ金か悪徳消費者金融のみとなります。

 

ブラックになるのは、返済遅れ3ヶ月と言われていますがあくまでも基準で1ヶ月や1週間遅れてもブラックになる場合がありますので絶対にお金を借りたら返済日に遅れないようにしましょう。

 

そして勤続年数が長ければ長いほど審査に通りやすくなり希望融資額が多くても審査に

通りやすくなり基準として最低ラインが1年以上からとなり勤続年数が1年未満だと審査に通りにくくなります。

 

なぜかと言いますと勤続年数が短いと転職癖があり住まいや電話番号もかわってしまうのではないかと判断するためで当然審査の時に家の固定電話で申し込むと携帯よりも審査が通りやすくなります。

 

勤続年数1年未満の方は、1年以上勤めてから申し込むか希望融資額を少なくして申し込むと審査が通りやすくなります。

 

まずは、少額の金額を借りて毎月返済して信用してもらえれば増額申請や一定期間ごとに自然に融資額枠が増えていきます。

銀行金融と消費者金融いいとこ取りのローンバンクイック

そして最後に住んでいる自宅と職場に実際に住んでいるのかと職場の確認の電話をします。

電話のかけ方は、バンクイックの会社名ではなく個人名で電話するので自宅の家族や職場にはわかりませんので安心です。

 

審査が通った方は、契約書とカードが送られてきます。

お急ぎの方は、全国に設置している土日祝日OKの許証を持って行けばその場でカードを受け取ることが出来ます。

 

カードは、全国の三菱東京UFJ銀行の他大手提携コンビニATM(セブンイレブン ローソン コンビニATM Enet設置店)などで24時間あいているところなら365日いつでもお借り入れご返済ができATM手数料も無料なのでとても便利です。

 

月々の返済も10万以内のお借り入れなら返済額は2000円からご返済が可能となります。

 

このように銀行金融の金利の低さだけでなく消費者金融並みの審査スピードとATM手数料無料など銀行金融は審査が厳しく融資に時間がかかる傾向があるイメージを変えたと言い切れる銀行金融と消費者金融のいいとこ取りのローンなのです。

 

そしてバンクイックは、おまとめローンも取り扱っていますので、過去借金が多くて今不況になり返済が毎月多くて困っている方もぜひバンクイックを御利用なさって楽になってください。