総量規制という法律

不況になってから学生の方は卒業して正社員で就職出来る人も少なくなりバイトや派遣などで働かなくてはいけない人や正社員で働いていた人も給料やボーナスカットそしてリストラにあう人も多くでたのです。

 

リストラにあった人が、前いた会社以上の給料をもらえる人はほぼいなく歳で派遣やバイトで働かなくてはいけなくなり当然ボーナス目当てでローンを組んでいた人などは、借金返済に困る人も多くでたのです。

 

そして借金返済が苦しくて銀行強盗やコンビに強盗など犯罪を犯す人や自分の命を絶ってしまう人が多くでたのです。

 

そのような事が多く発生して社会問題になったので無理な融資が出来ないようにこの総量規制の法律が出来たのです。

 

消費者金融にこの総量規制が適用されたのですが適用されないケースもあります。

その適用されない条件は顧客に一方的に有利な場合この総量規制はてきようされないのです。

 

例として

個人事業を始めようとする開業資金や緊急を必要とする医療費やおまとめローンにも総量規制は適用されません。

 

おまとめローンとは、多くの消費者金融の借金をまとめルローンなのですが、金利が低く長期的な返済にすることにより毎月の返済額が少なくなり毎月の返済も1回になるので返済計画もでき楽になるので、顧客に一方的有利になるのでこの総量規制がかからないのです。